品質環境や衛生環境を厳守するHACCP方式を製品ごとに導入する中部フーズの製造部門では、製品ごと管理基準が決められ、味覚確認はもちろん、常に品質がチェックされています。各製造ラインにおいても食材の洗浄、ミキシング、調理、包装などに厳重な管理基準が定められ、また細菌の有無、原材料の保存期間、消費期限、包装資材などあらゆる作業事項を通し、徹底した安心・安全の製品づくりに取り組んでいます。

徹底的な衛生管理

食品衛生管理の柱、HACCP方式を導入

HACCPとは1960年代、NASAで宇宙食の安全性のために開発された、食品の製造工程での衛生管理方法で、現在、世界各国で取り入れられ、食品の品質管理の基準となっています。中部フーズの工場はこの国際的な流れを反映させた、グローバルな視点でつくられた最先端工場です。

鮮度を逃さず手際よく取り組む惣菜づくり
新鋭システムを導入した製造ライン
徹底した衛生管理による製造作業

各検査システム

エアシャワー
工場に入る前に、秒速25mの高速噴流で付着したゴミ・ホコリ・毛髪・害虫を取り除くエアシャワー。
空気清浄
浄化された外気を工場に入れる細かな繊維の特殊フィルターを使用し、塵ぱい・ゴミ・カビ・細菌などをシャットアウト。
温度・糖度管理システム
製品の品質や安心・安全に関わる温度・糖度管理はHACCPの重要管理事項。最新設備で品質維持や安全を随時チェック。
ミクロキャッチャー
製品をはじめ、まな板などの用具を検査。菌の種類や数を即座に把握でき、細菌対策に素早く対応。
金属探知器
出荷前の製造ラインのポイントごとに設置された金属探知器で、異物混入を最後まで厳しくチェック。
ペストコントロール(害虫防除)
しっかりと防虫された工場の窓やドアは、害虫・ねずみ・昆虫などが工場内に入れない万全の体制。

安全品質を守る人材育成・研究チーム

万全の工場設備に加え、管理基準通りに製品が作られているか、トラブルは発生していないか、作業にあたってはそれらに確実に対応することが必要です。安全品質を守るため、経験と知識をもつ人材を育てるほか、衛生管理専門の研究チームを設置しています。